アトピー治療ガイド

アトピー改善食事

アトピー・喘息・花粉症・鼻炎などなどアレルギー性疾患を治すため 食事慮法 で、大切なことは以下の3つ。
① 腸を良くする食事
② 油・脂肪を変える食事
③ ビタミン・ミネラルが豊富な食事
以上です!
たったこれだけ?と思うかもしれませんが、この3つでアレルギー体質が大きく変わりますので、最も大切なことなのです。
もちろん詳細にいうと、牛乳を控える、マーガリンをやめる、水道水を飲まない、肉を減らす、などと沢山ありますが、かんたんなところから改善して行く方が長続きします。
アトピーなどアレルギー性疾患を引き起こす原因も、免疫バランス(Th1/Th2)、 過酸化脂質、 ホルモンバランス、 副腎ホルモン不足、 自律神経バランスなど様々なものがからんでいます。
しかし、食事改善の3ポイントを徹底すれば、これらの原因を取り除いていくことは可能です。
◎免疫バランス(Th1/Th2)は、腸の善玉菌、油の取り方、ビタミン・ミネラル摂取で改善します。
◎過酸化脂質は、油の取り方、ビタミン・ミネラル摂取で改善します。
◎ホルモンバランスは、腸の善玉菌、油の取り方、ビタミン・ミネラル摂取で改善します。
◎副腎ホルモン不足は、腸の善玉菌、ビタミン・ミネラル摂取で改善します。
◎自律神経バランスは、腸の善玉菌、ビタミン・ミネラル摂取で改善します。

栄養バランス崩れによる症状の流れ

(1)腸の環境悪化(善玉菌の減少)などで免疫が過剰反応する状態がつくられている
  ⇒ダニや花粉に 抗原抗体反応がおこる
(2)油・脂質の偏りで、局所ホルモンがかたよっている
  ⇒免疫の暴走・炎症が止められない
(3)酵素・ビタミン・ミネラルなどの不足、腸の善玉菌の減少などで、副腎皮質・ホルモンが不足状態
  ⇒免疫反応の暴走が止められない
(4)酵素・ビタミン・ミネラル などの不足で代謝力が落ちている
  ⇒皮膚、鼻・気道の粘膜細胞の再生が出来ない
  ⇒ダニや花粉がくりかえし侵入する
(5)栄養の偏りで、アレルギー反応で放出される活性酸素を分解できない
  ⇒かゆみ、湿疹、発作、涙 などの症状が止められない
すべて 食事バランス・栄養不良と密接な関係にあります。
つまり、食事を変えない限り、アトピー・喘息・花粉症・鼻炎は、治らないということです。
アレルギーは生まれつきの体質ではなく、食事が非常に大きいのです。
注意点
食事改善を行う上で次のことに気をつけてください。
(1)○○ばっかりの食べ方をしない。
〇〇がアトピー・ぜん息にいい、ということを聞いて、そればっかりを食べるのは避けましょう。
食事はバランスが何より大切です。
特定食材ばかりを食べ続けると、栄養バランスが崩れてかえって悪化したり、その食材にアレルギーが出ることがあります。
体質改善に効果の高い食材はあります。食事の中で多めに取るようにする、とぐらいに思っている程度で良いです。
(2)アレルゲンと体質改善の食事は違います。
いわゆる「除去食」が必要な場合は当然あります。特定食材に強いアレルギーが見られる場合です。
ただし、アレルゲンを気にしすぎると、あれもダメ、これもダメになり、栄養バランスが崩れる心配があります。
食事改善とは、アレルゲンのものを平気で食べられる体質に戻す、ということです。 これは除去食療法だけではできません。
強いアレルギー反応が出る食材は当面避けながら、3つのポイントに沿った食事改善を行うようにしましょう。